映画カノン×アイシティ21×ぺんてる様|事例紹介

長野県山形村のアイシティ21で、映画「カノン」の上映期間中(11/12~25)、らくがきドーム(L)のカスタム版「夢を叶える夢ドーム!」(映画カノン×アイシティ21×ぺんてる)が設置され、多くの方々に『夢』を描くキャンバスとしてご活用いただきました!

なんと、映画「カノン」の主題歌『セピア』の歌手「渡 梓(わたりあずさ)」さんにも、『夢』を描いていただくと同時に、現地の写真も送っていただきました。ありがとうございます!

今回のドームは、以前堺市美術館でご利用いただいたバージョンと開口部の厚みが異なるだけで、形状&サイズは同じもの。ただし今回はユーザ自身(イベント設営サイド)に、作り方ガイドを参考に組み立てていただきました。一部ガイドの修正が必要なことが分かったり〜と、まだまだ発展途上のドームをご活用いただき感謝いたします。

また「ドーム型スクリーン」「ワークショップのベース」という視点しか持っていなかった自分には、こうしたイベントでもPaperDomeが役立つことが分かった貴重な体験となりました。
夢を描いていただいたみなさま、イベント関係者の皆さま、そして渡さん、誠にありがとうございました。

後日談として、このドームを見た!という方のお話が回り回って、3月の国際科学映像祭 International Festival of science Visualizationのドームフェスタで、PaperDomeがプレゼンすることになりました。
何がどう伝わって〜と、なかなか凄い繋がりと広がりを持ち始めた様です。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です