ProVRドームの開口部を作ってみた

開口部のリプレイス

Paper-Domeのファーストカスタマーであるデジタルハリウッド大学様のエントランスホールに設置され、数多くの人々の目と手に触れて、何度も分解&組立を繰り返しているうちに、全体的に疲れた感じに変形してきていたProVRドーム
開口部のリプレイス納品&組立が1月末ですから〜すでに半年以上も経つので、ごく普通の段ボールでできたドームが歪むのは当然といえば当然なのですが…丈夫な開口部を設置すれば無問題では?と思い立ち、先日開口部のプロトタイプを持って&組み込んできました。
開口部のリプレイス結果は写真の通りで、全体の形も含めかなりキリッとした印象に。
強度を優先し、ドームの形に沿わないスクエアな形状にしてみたのですが「遺跡っぽい〜」との感想をいただきました。
この開口部。
もう少し改良した後、オプションとして近日中に商品化したいと思います。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です