防炎の段ボール製ドーム型スクリーンについて

「イベント用に大型の防炎のドームは作れますか?」というお問い合わせを、多くの方からいただきます。
※お尻に火がついている〜訳ではありません。。(笑)

不特定多数の方が出入りするドーム型スクリーンの場合、会場によって※通常の段ボールではなく、数段燃えにくい防炎段ボールを用いる必要があります。

Paper-Dome.comでもその点を重視し、日本中の段ボール業者様と協力して防炎段ボールでのドーム型スクリーンの開発を進めています。今日はその現状報告をさせていただきます。

現在、複数の防炎段ボールでの試作検討を行っています。
その内のひとつでは、実際に防炎段ボールをカットし組み立てるところまではできています。がしかし一度組み立てたものを分解する際に表面の防炎剤が部分的に剥離することが分かっています。そんため、剥離しないタイプの防炎剤の開発をお願いしています。
これは、逆に言うと「ある程度常設に近い形のもので、会期終了と同時に廃棄する予定のもの」つまり、使い切りタイプであれば、すぐにでもイベントなどでご利用いただけるドーム型スクリーンが開発済みであることを意味してます。

現在設計が完了している「使い切り」タイプの防炎段ボール製ドーム型スクリーンは、
1)直径4mの半球タイプの防炎段ボール製ドーム型スクリーン
2)直径7mの半球タイプの防炎段ボール製ドーム型スクリーン
それに、すでに製品としてラインナップされている
3)BasicVR
4)ProVR
の4タイプです。

もしイベント用に、大型の防炎段ボール製スクリーンをご検討中の方は、
設計〜設置までも含めたフルカスタム仕様となるため、通常商品とは費用や納品までのスケジュールが異なりますので、まずはお問い合わせいただければ幸いです。

※イベントを開催する会場施設側が特別にルールを設けている場合がありますので、弊社お問い合わせの前に、事前に会場側のルールを文章にてご確認いただくことをお勧めします。※口頭の場合、実際にはルールがない場合もあります。