他の形式のドームと較べて何が優れているの?

他の形式のドームと較べて何が優れているの?

主には安全性、低コスト、精度、サスティナビリティ、カスタマイズのし易さという点で優れています。

「安全性」は、素材が軽量で柔らかいダンボール製のため接触してもダンボールが凹んだり破けるだけで、接触した身体や機材の方は傷ついたり壊れる可能性が低くなります。また環境汚染の可能性がある有機溶剤などを製造工程中に含まないため、身体への影響もありません。

「低コスト」は、ダンボールという素材自体のコストも低いですが、加工などの製造コストも低くなり、結果低コスト化を実現しています。また購入者自身が組み立てるDIYキット化することで、初期導入コストを低くする設計となっています。同じ形をした部品をモジュール化して提供することで、破損したり汚れたりした際、当該部品モジュールだけを自分で交換することで使い続けることでランニングコストを低く抑えます。

「精度」は、幾何学的に正確にジオデシックドームを再現すべく設計されたペーパードームは非常に正確な頂点情報に従ったドームスクリーンを形成します。DIY形式でお客様自身が組み立た場合でも、その正確性は保たれます。※設置環境の湿度などにより±3%程度の誤差が生じる場合があります。

「サスティナビリティ」は、ほぼ100%再生紙によるダンボール製であるという素材の特性に加え、展開状態で梱包されるフラットパックによる配送により、配送に伴う環境負荷(CO2排出量)を最低限とする設計です。また前述の通り一部が破損または汚れた際には、当該箇所の部品のみを交換することで使い続けることができるモジュール設計の採用、そして廃棄の際にも多くの自治体で「最背資源ごみ」として回収&再利用いただけます。

「カスタマイズ」は、少し形を変えたい~、ここにカメラのレンズを設置したい~などのカスタマイズの必要が出てきた時に、ハサミやカッターやテープなどの普段誰にでも使い慣れた文房具を使って、お客様のタイミングで自分自身で切ったり貼ったりのカスタマイズ加工が、ダンボールなので気軽にできます。